京はやしやオンラインショップ

朝かおり

TEA

三代目・林屋新兵衛によって生み出された「朝かおり」。

今では全国的に有名となった「ほうじ茎茶」。
実は、京はやしや三代目・林屋新兵衛によって生み出されたお茶なのです。

煎茶を作る際、茶葉の茎は使用しないため捨てられてしまいます。三代目・林屋新兵衛は、捨ててしまう茎も活用できないかと、考え生み出されたのが、棒茶(ほうじ茎茶)でした。

当時、高級品として重宝されていた煎茶に対し、棒茶は庶民の人でも購入しやすく、瞬く間に家で飲むお茶として世の中に広まっていきました。
金沢市内で販売し始めたため、金沢のほうじ茶の7割は朝かおりだったといわれています。
ほうじ茶=朝かおりといわれるほど、多くの人々に親しまれていました。

そして、現在もその味は変わらずに受け継がれています。
えぐみが少なく、甘味・旨味が引き立つ味わいは、ご年配の方からお子さんまで美味しく召し上がっていただけます。

リーフアイコン
朝かおりの製法

朝かおりの製法

葉と茎は、火入れに適した温度が違います。
味にばらつきが生まれないよう、できる限り茎を選別し、火入れをしています。

製造する時の茎の状態によって、熱の入れ方や時間を調整。
朝かおりの変わらない美味しさを守るために、製造する度に製法を少しずつ変えています。

リーフアイコン
味や特徴

朝かおりの味や特徴

直火式で深めに焙煎した、見た目も黒っぽいほうじ茶です。
とてもすっきりとした香りが特徴で味わいもさっぱりとしています。何倍でも飲める定番のほうじ茶。

リーフアイコン
朝かおりの美味しい飲み方

01.

朝かおりの美味しい飲み方 その1

急須と湯呑みを温める

朝かおりを入れる前に、茶器(急須と湯呑み)にお湯を少し入れ、温めます。
茶器が温まったら、お湯を捨てましょう。

02.

朝かおりの美味しい飲み方 その2

急須に茶葉を入れる

温まった急須に、朝かおりの茶葉を3g入れます。
小さじ山盛り1杯分くらいが目安です。

03.

朝かおりの美味しい飲み方 その3

熱湯を注ぐ

熱々の熱湯を、100cc注きましょう。およそ湯呑み1杯分の量になります。

04.

朝かおりの美味しい飲み方 その4

30秒蒸らす

熱湯を注いだ後は、蓋をして30秒蒸らしましょう。すっきりした味わいに仕上がります。
渋めの味を楽しみたい場合は、45秒がおすすめです。

05.

朝かおりの美味しい飲み方 その5

湯呑みに一気に注ぐ

蒸らし終わったら、湯呑みに一気にお茶を注ぎましょう。
2煎目、3煎目も同じ入れ方で、美味しく飲めます。

水出し

クセのないすっきりとした味わいになるので、夏場の常備茶としてお楽しみいただけます。

01.

朝かおりの美味しい飲み方 水出しその1

水出しボトルを用意し、
茶こし部分に茶葉(6g)を入れる

水出し用のボトルを用意しましょう。今回は、380ccのボトルでの抽出方法をご紹介します。
水でゆっくりと時間をかけて抽出するため、茶葉は少し多めに6g入れましょう。

02.

朝かおりの美味しい飲み方 水出しその2

冷蔵庫へ入れて8〜12時間冷やす

水を注いだら、冷蔵庫へ入れて冷やしましょう。
前日に仕込むと、翌日に美味しく飲めます。

03.

朝かおりの美味しい飲み方 水出しその3

飲む前にゆっくりと混ぜる

飲む前に、1、2回、ゆっくりと混ぜてから、グラスへ注いでください。
茶葉の味わいが均等に広がります。

※注意:ペットボトルのお茶のように防腐剤などが入っていない生茶なので、作ってから翌日には飲み切るようにしてください。

リーフアイコン
朝かおりの楽しみ方

朝かおりの楽しみ方

すっきりした味わいのほうじ茶なので、どんな場面でもおいしくいただけます。朝起きかけの1杯に、休憩の1杯に。お食事の飲み物にもぴったり。

和洋中どんな食事にも合わせやすく、スイーツのお供にもおすすめです。

水出しにすると、さらにすっきりとした味わいに。
暑い時期は水出しもお試しください。

リーフアイコン
購入する

朝かおり

朝かおりのレーダーチャート

朝かおり

えぐみが少なく、甘味・旨みが引き立つ味わいです。際立つ香りをお楽しみください。

ご購入はこちら

桑原善助商店 茶師 桑原 秀樹氏

桑原善助商店 茶師
桑原 秀樹氏
茶師
桑原 秀樹氏

昔は、お茶に使われるのは茶の葉のみで、茎は処分されていました。しかし、茎にも栄養分や旨味があるため、焙じてみたらどうかと茎を利用したのが、ほうじ茎茶の始まりです。元祖フードロス削減の商品かもしれませんね。

熱々のお湯でいれるのもよし、水出しでさっぱり飲むのもよし。淹れ方にこだわらなくても美味しく飲めるので、みなさんのお好みでどうぞ。

TEA LIST

京はやしやのお茶

爽奏緑茶

苦味や渋みが弱く、すっきりとした味わいで人々の暮らしに自然に寄り添う緑茶。

朝かおり

えぐみが少なく、甘味・旨味が引き立つ味わいで飲む人を選ばないほうじ茎茶。

天下の昔

香りが非常に優れており、深みのある旨味と極上の香りを楽しめる抹茶。